イルフェボゥの料理とフランスワインを楽しむ会 

 

2月8日土曜日 今回で3回目となるワイン会を開催しました!

参加者11名さま。

ソムリエの川出大輔さんとともに当店の料理とワインのペアリングをお楽しみいただきました。

 

テーマは、ボルドーワイン に合わせる冬の食材を使った料理。

今回は、先に川出ソムリエにボルドー地方のワイン を数種類選んでいただき、

そのワインに合わせた料理をシェフが考えてみました。

 

試食ペアリングの結果、5品の料理に5本のワインに決定!

 

 

 

 

 

まずはシャルルスパーのクレマン ダルザスで乾杯!

合わせたアミューズは、

サーモンのリエット

 

サーモンとゴルゴンゾーラを合わせたリエットなので白よりもピノノワール主体のロゼで。

ますの卵、フレンチキャビアの食感も楽しんでいただきました。

 

 

 

前菜 豊橋産山吹うずらとフォアグラのパネ

 

ボルドーというとメドックの5大シャトーに並んで知名度のあるソーテルヌ。

世界3大貴腐ワイン産地の一つとのこと。

セレクトされたのは、シャトーシモン 

甘ったるすぎず貴腐ワインの重たさもそこまで感じず。

美味しいです。

 

そしてそのペアリング王道といえばフォアグラ!

ということでフォアグラにうずらをぐるっと巻いてパネにした前菜とともに。

館養蜂場さんの九華はちみつとレーズンを合わせたソースとも好相性でした。

 

 

 

 

前菜2品目 牡蠣と白ネギのパイ包み焼き

 

牡蠣と白ネギをサフランのクリームソースで煮込んだものをパイ包み焼きで。

合わせたのはソーヴィニヨン・ブラン100%の白ワイン。

ソーテルヌの格付け1級の名門、シャトー・ドゥ・レーヌ・ヴィニョ。

爽やかで果実味のあるワインがクリームソースにマッチしていました。

 

 

 

 

お魚 スモークしたブリの網焼き

 

合わせたのは、右岸のピュイスガン・サンテミリオン地区 シャトー・オーベルナ メルロー100% 

格付けワインに負けないクオリティとテイストで川出ソムリエも一押し!

確かにコスパ良し、とても美味しい。

近々当店にもオンリストしたいです。

 

今回は青背のぶりに合わせる赤ワインなので、ソースにもこだわりを。

ぶりのアラやフォンドボー、バルサミコ酢を

同じメルロー種の赤ワインで煮詰めて

隠し味には焦がしバターとココアパウダーでコクをつけました。

ぶりは燻製をかけて赤ワインに負けないよう味に奥行きを。

 

 

 

途中ボルドーのAOC地区の説明や、ワインシャトーについてもお話しをしていただきました。

参加者の方からも質問があったり、ワインにまつわるお話などで語り合う様子も伺えて和やかムード^^

 

 

最後のメイン 牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

 

ボルドーといえばカベルネ・ソーヴィニョンが代表格。

そして名門ワイナリーも最後に味わいたい!ということで。

 

メドックの格付け3級、カントナック・ブラウンをチョイスしていただきました!!

 

これは伝統的な郷土料理と合わせて。。。

定番の組み合わせをじっくりお楽しみいただきました!

 

ソースは香味野菜とワインと同品種のカベルネソーヴィニヨンを使い、

牛ほほ肉をしっかり煮込んで。

仕上げにはちみつを加えています。

 

 

 

 

今回デザートワインはリストにあげませんでしたが、最後のお楽しみにデザートも一品ご用意しました。

九華はちみつのクレームグラッセを苺とアーモンドチュイルとともに。

 

参加された皆さまには、この会を楽しんでいただきご満足いただけていれば幸いです。

また大榮産業の川出ソムリエ、川出酒店さんにはいつもながらご協力いただき感謝です!!

私たちもたいへん勉強になりました。

そしてワインと料理の歓びや楽しみもあらためて感じ、また次回への期待が膨らみます。

 

次回は初夏あたりを予定しています!