名古屋フランス料理研究会2019 料理研究発表会

シェフが所属している名古屋フランス料理研究会

毎月朝食会でのミーティングほか、勉強会、美食ツアーなど日々食文化の発展や料理探求のため活動されています。

 

9月25日 一年間の活動の集大成である会員の料理発表会が今年も行われました。

昨年に引き続きマリオットアソシアホテルが会場となりましたが、今年は16階の大宴会場タワーズボールにて。

総勢約400名!が参加され、盛大な美食会となりました。

 

題して『令和元年 美食会 フレンチシェフとの交流会』

 

 

 

着座ビュッフェ形式。

周りに研究会メンバーがチームに分かれて担当した11ブースの料理。

中央に今回の主催であるマリオットホテルの料理とデザートが20種類ほど。

 

通常のビュッフェではあり得ない研究会ならではの贅沢な食材を使った料理の数々に圧倒でした。

正直お値打ち過ぎます!

 

 

 

アワビ、オーラキングサーモン、絹姫サーモン、伊勢海老、オマールエビ、黒ムツ、ヒラメ、帆立貝、生ハム、知多産骨つき豚、仔羊、鹿肉、尾張牛フィレ肉、国産牛骨つきロース、ハンガリー産マグレ鴨などなど、、、

そして一番人気はやっぱりフォアグラ!

シェフがその場でポワレしてサービスするという贅沢な演出に大行列でした。

添えのマデラソースには、当店も使わせていただいておりますが、角屋文次郎商店さんの三河みりんが隠し味、という逸品。

 

当店シェフのブース↓

『東海三県驚きの野菜料理 椎茸 南瓜 トマトのカダイフ揚げ ほうれん草マヨネーズ』

 

 

シェフ必死^^;

 

 

各ブースを彩るオブジェもあり、見てて楽しい♪

 

 

ガウディもビックリ?!なコルクを使ったサグラダファミリアもありましたよ^^

 

 

 

生ハムとフルーツ。

西瓜もアートしてます。

 

 

 

アミューズ 

 

 

冷製スープ 鴨のロースト

 

 

野菜のカダイフ揚げ 黒ムツのパートフィロ包み 豚ロースコンフィ

 

 

インターナショナルチーズプラッターも!

コンテなどフランス産のハード、ウオッシュ、白カビ、青カビ、と言うことなしの品揃え。

 

ビュッフェスタイルは料理の種類が多く、自分で好みのコース、ペースでいただけるのはいいですね、量も調節できますし。

 

ワインも協賛のアカデミーデュヴァンソムリエの先生がチョイスしたもの。

白はシャブリ、赤はブルゴーニュと厳選されたとのこと。

美味しくいただきました。

ワインのブラインドテイスティングのクイズもあり、

他賛助会員さんたちの企業ブースもお楽しみでした。

 

 

 

パティスリーコーナーもさすがマリオットホテル、の見事な演出!

グラスデザートはもちろん、ショコラやマカロン、モンブランもあって、、、

胃袋がもう一つ欲しいくらいでした(^^;;

 

 

 

 

 

最後のお楽しみ抽選会ではワインや陶器、お菓子、フルーツからレストランのランチ券やディナー券、

ホテル宿泊券など豪華景品が当たり、会場からも歓声が上がっていました。

 

最後は会員が壇上へ。

ますますのご活躍を期待しております!

素晴らしい宴をありがとうございました。

 

 

コメント