桑名ほんぱく2019 『蔵元と楽しむ!フレンチと日本酒の会』

今年も桑名ほんぱく=桑名本物力博覧会(地域体験プログラム)にパートナーとして参加させていただきました!

 

 

 

 

11/16(土)18:00〜 当店にて。

桑名の蔵元である後藤酒造場さんと日本酒とフレンチのペアリングを楽しむ会。

今年2月にもさせていただき大変有意義な会でしたので、この魅力をより多くの方に知っていただこうと

桑名ほんぱくでの開催となりました。

 

参加者19名。桑名の方はじめ四日市、名古屋からも。

 

 

後藤さんから日本酒、シェフから料理の説明を交えながら会を進行。

 

 

 

料理5品に日本酒5種類をペアリング。

 

◆冷前菜 本日鮮魚(平目とシマアジ)のカルパッチョ

 楓 純米吟醸 ”春の妖精たち” 

 アルコール13%で軽快な口当たり。自然発酵乳酸の甘酸っぱい味わい。 

 

日本酒というよりワインのような飲み口で、

ヴィネガーの効いた鮮魚のカルパッチョとベストマッチ!

 

 

 

 

◆温前菜 伊勢鶏のムース きのこのクリームソース

 青雲 純米かれがわ 

 嘉例川産五百万石を醸した純米酒。

 

かれがわの優しい旨味がふんわり食感の鶏ムースとカプチーノ仕立てのきのこのスープによく合います。

ムースの中にはフォアグラも。

 

◆お魚 たらの白子のフリット

 青雲 純米大吟醸

 三重県産山田錦100%。精米歩合40%

 

大吟醸の華やかな香りと白桃のような甘味、チーズを加えたサクサクの衣に白子のクリーミーな味わいが好相性。

 

 

 

 

◆お肉 三重県産さくらポークのデクリネゾン

 青雲 山廃純米

 山廃仕込みで醸した純米酒。

 

デクリネゾンとは同じ食材を様々な調理法で作ったものを盛り合わせた料理。

三重県産のさくらポークをソテー、カダイフ包み、煮込み の3種類の盛り合わせにしました。

 

 

 

熱燗と常温の2種類で飲み比べ。

温度が違うだけで風味も旨味も変化、料理との相性もまた変わります。

料理との相性でいうと常温の方が良いようでしたが、単体でいただくと熱燗も最高です!

 

 

 

 

◆デザート りんごのコンポート

 楓 純米吟醸 ”神々の黄昏”

 仕込み水を少なくし濃縮発酵により醸したお酒。蜜のような甘味と心地よい酸味のお酒。

 

 キャラメリゼしたコンポートに蜜の甘さがぴったりです。

 デザートSAKEというだけあり、広範囲のお菓子やデザートと合わせられそうです。

 

 

 

 

後藤さんの日本酒に関する豆知識や機知に富んだ楽しいエピソードも聞かせていただいて、参加者の方々も熱心に耳を傾けていらした様子。

日本酒とフレンチのマリアージュも楽しんでいただけたようで何よりです!

またシェフも日本酒に合わせる食材を吟味したり、調理法を色々と考えたり、、、私たちもとても勉強になる会となりました。

 

今回の後藤酒造場の日本酒ラインナップ

 

 

今後も日本酒とフレンチのペアリングをさらに進化させるべく企画する予定です。

ご興味のある方、ぜひ一緒に楽しみましょう!

 

今回のほんぱくパートナー企画を快く引き受けてくださった後藤酒造場さん、Kawade酒店さん

ご参加いただいた皆様どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント