イルフェボゥの料理とフランスワインを楽しむ会 

10/26(土)18:00 〜 第2回目のワイン会を開催!

17名の方にご参加いただき、リピートの方、新規の方含め今回も賑やかな楽しい会となりました。

 

 

今回のテーマは、南仏ワインに合わせるパイと煮込み料理。

 

事前に川出ソムリエと一緒にメニューに合わせたワインをチョイス。

料理5品にワインは乾杯のシャンパーニュを合わせて6本ペアリング!

今回もこの上なく料理と好相性なラインナップをお届けすることができました。

 

ソムリエとシェフからワインとメニューのお話を間に挟みつつ、料理をお楽しみ。

 

まずはシャンパーニュ、ジャンベッセルのペルドリで乾杯⭐

ピノ・ノワール100% のロゼ。

どんな料理にも合わせやすい万能タイプ、美味しいです!

渡り蟹とアボガドのカナッペと一緒に。

 

 

前菜一皿目は、鰆のコンフィ 

 

合わせたのは

ラングドック地方のドメーヌ・レ・ロケ・ブランヴァン・ド・ペイ・ドック。

 

ジャン・マルク・ボワイヨ(ブルゴーニュの作り手)が南仏で生産、

地酒ながら高級感のある白ワイン。

ルーサンヌ100%

 

コンフィに添えたグレープフルーツとワインの酸味が◎

 

 

前菜二皿目は、鹿肉のパテアンクルート

 

これからジビエの季節、クラッシックなフレンチの定番とともに

ラングドック地方の赤を。

 

レ・ヴィーニュ・ウーブリエ・テラス・デュ・ラルザック

グルナッシュ50%  シラー25% カリニャン25%

 

南仏ワインながら重たすぎないフレッシュさがあり鹿パテともバッチリです。

りんごピューレもポイント(^ ^)

 

 

お魚料理は、ブイヤベース

魚貝の旨味がたっぷりの南仏郷土料理には、やはりプロヴァンスのロゼを!

 

コート・ド・プロヴァンス ロゼ キュベ マガリ

カベルネソーヴィニヨン シラー サンソー グルナッシュ

 

ロゼらしいさわやかな飲み口で、アニスの効いたスープと合わせて瞬時に南仏ムード全開です♪

 

 

メインのお肉料理 フォアグラと牛肉のパイ包みには、

今回の主役ともいうべき格別なプロヴァンスの赤ワインを。

 

ワイン評論家のロバート・パーカーも大絶賛!

ブルゴーニュのグランクリュに匹敵する品質ながら、

プロヴァンスのぶどう配合の比率規定に合わずヴァン・ド・ペイとなっても妥協なしのワイン造り。

 

ドメーヌ ・ド・トレヴァロン・ルージュ

カベルネソーヴィニヨン50% シラー50%

 

スパイシーでシナモンやチョコレートのニュアンスがあり、お肉のパイ包み料理との相性は抜群です。

 

 

最後のデザートには、

スペイン アンダルシア地方のシェリー酒 ペドロ ヒメネスを合わせて。

極甘口の黒蜜のようなとろりとした濃厚な飲み口。

 

栗とスポンジを包んだパリ感のあるパートブリックにキャラメリゼしたくるみを混ぜたバニラアイスとともに。

このペドロヒメネスをソースがわりにかけていただくのもアリです◎

 

 

 

シェフ 約20名分の料理をひとりで懸命に調理する図です(^^;;

 

 

 

 

今回も川出ソムリエの絶妙チョイスのワインたち☆

ほぼ有機栽培やビオディナミといった自然を尊重する造り手さんのもの。

 

産地やワインの豆知識もお話ししていただき楽しい時間でした。

ロゼワインの「マガリ」は、オーナーのお嬢さんの名前を冠していたり、

トレヴァロンのラベルには、画家であった当主の亡きお父様の作品が毎年使われていたり、、と

美味しい名ワインの背景に物語あり、ますますワイン愛が深まります(^-^)

 

川出ソムリエ、川出酒店さんのご協力に感謝です。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

  

 

来年も引き続きテーマを変えてワイン会を企画していく予定です。

 

 

 

名古屋フランス料理研究会2019 料理研究発表会

シェフが所属している名古屋フランス料理研究会

毎月朝食会でのミーティングほか、勉強会、美食ツアーなど日々食文化の発展や料理探求のため活動されています。

 

9月25日 一年間の活動の集大成である会員の料理発表会が今年も行われました。

昨年に引き続きマリオットアソシアホテルが会場となりましたが、今年は16階の大宴会場タワーズボールにて。

総勢約400名!が参加され、盛大な美食会となりました。

 

題して『令和元年 美食会 フレンチシェフとの交流会』

 

 

 

着座ビュッフェ形式。

周りに研究会メンバーがチームに分かれて担当した11ブースの料理。

中央に今回の主催であるマリオットホテルの料理とデザートが20種類ほど。

 

通常のビュッフェではあり得ない研究会ならではの贅沢な食材を使った料理の数々に圧倒でした。

正直お値打ち過ぎます!

 

 

 

アワビ、オーラキングサーモン、絹姫サーモン、伊勢海老、オマールエビ、黒ムツ、ヒラメ、帆立貝、生ハム、知多産骨つき豚、仔羊、鹿肉、尾張牛フィレ肉、国産牛骨つきロース、ハンガリー産マグレ鴨などなど、、、

そして一番人気はやっぱりフォアグラ!

シェフがその場でポワレしてサービスするという贅沢な演出に大行列でした。

添えのマデラソースには、当店も使わせていただいておりますが、角屋文次郎商店さんの三河みりんが隠し味、という逸品。

 

当店シェフのブース↓

『東海三県驚きの野菜料理 椎茸 南瓜 トマトのカダイフ揚げ ほうれん草マヨネーズ』

 

 

シェフ必死^^;

 

 

各ブースを彩るオブジェもあり、見てて楽しい♪

 

 

ガウディもビックリ?!なコルクを使ったサグラダファミリアもありましたよ^^

 

 

 

生ハムとフルーツ。

西瓜もアートしてます。

 

 

 

アミューズ 

 

 

冷製スープ 鴨のロースト

 

 

野菜のカダイフ揚げ 黒ムツのパートフィロ包み 豚ロースコンフィ

 

 

インターナショナルチーズプラッターも!

コンテなどフランス産のハード、ウオッシュ、白カビ、青カビ、と言うことなしの品揃え。

 

ビュッフェスタイルは料理の種類が多く、自分で好みのコース、ペースでいただけるのはいいですね、量も調節できますし。

 

ワインも協賛のアカデミーデュヴァンソムリエの先生がチョイスしたもの。

白はシャブリ、赤はブルゴーニュと厳選されたとのこと。

美味しくいただきました。

ワインのブラインドテイスティングのクイズもあり、

他賛助会員さんたちの企業ブースもお楽しみでした。

 

 

 

パティスリーコーナーもさすがマリオットホテル、の見事な演出!

グラスデザートはもちろん、ショコラやマカロン、モンブランもあって、、、

胃袋がもう一つ欲しいくらいでした(^^;;

 

 

 

 

 

最後のお楽しみ抽選会ではワインや陶器、お菓子、フルーツからレストランのランチ券やディナー券、

ホテル宿泊券など豪華景品が当たり、会場からも歓声が上がっていました。

 

最後は会員が壇上へ。

ますますのご活躍を期待しております!

素晴らしい宴をありがとうございました。

 

 

アメフリモ フレンチビヨリ

プチアトリエ、店内ギャラリー。

食事をしながらアートも楽しんでいただこう、という想いのもと展覧会を始めてから9年ほどが経ちました。

 

ご紹介いただくギャラリーの方を始め、たくさんの素敵な作家さんたちと作品の出会いがありました。

イルフェボゥはアートとの繋がりがどんどん深まっています!

 

そんな出会いの中のおひとり、ナカムラミオさん。

今月の展覧会の作家さんです。

今回はミオさんにイルフェボゥを描いていただくことをお願いしました。

 

展覧会のタイトルは『アメフリモ フレンチビヨリ』

オープンからの色々な出来事、想いが駆け巡ります。。。

 

イルフェボゥの玄関ポーチ。

見るたびに違う印象です。

 

 

この作品は当店のワインリストの表紙にもさせていただきました。

イルフェボゥにご来店いただいた際はぜひこのリストもご覧いただければと思います!

ワイン選びも楽しく♪

 

view

 

 

天気雨

 

 

ミオさん曰く、この展覧会にはストーリーがあると。

入り口からホール、奥の部屋、通路、そして最後はお手洗い、でイルフェボゥの雨の日の物語は完結です。

 

 

 

joy

 

 

 

love&rain

 

いろんな雨降りのカタチ、想い、物語。

お食事の合間に店内にも目を向けていただけたら嬉しいです。

イルフェボゥで心地よい楽しい時間をお過ごしいただけますように。。。